精力全快!お腹もタマ袋も満たせるラオスの風土料理

まるで魂が洗われるかのようなラオスの自然の美しさ。

ここには滝から川や洞窟を始め、商業的発展を遂げていないありのままの大地が広がっています。

ラオスごはんは、まさにそんなラオスを投影したかのような素朴で、素材の味を生かした味。

ガランガルやレモングラス、カフィア、生姜、タマリンド、パクチーなど香草を用いたラオスごはんは、ベトナム料理や中国料理、カンボジア料理、そして特にタイ料理と似た雰囲気も感じられますが、それも無理はないかもしれません。

歴史的にはラオス人は現在の中国南部から移動し、ラオスに定着しました。

その一方でさらに南の地へと移動をしていった人々も多く、その際にフードカルチャーも人々と一緒に拡散していきました。タイ北部にはラオスの総人口よりも多いラオス人の子孫達が定着している、という見方をする学者もいるほどです。

それでは一度味わったら絶対気に入るラオスごはん、ラオスに行ったら是非味わいたいラオスごはんをいくつかご紹介します。

 

カオニャオ

カオニャオは日本食で言えばもち米に近いものがあり、ラオス人の主食で竹で編まれた容器に入って出てきます。

つまり日本で言うところの<白米>に相当するもので、日本人には親しみが湧きやすいラオスごはんのひとつです。

ラオス人のあいさつでよく耳にするのはKIN KHAO LEAO BOR?もしくはKIN KHAO REU YANG?と言う表現で、日本語に訳すとズバリ「もうご飯食べた?」です。

そのくらいカオニャオはラオス人にとって日々の生活に欠かせないものなんですね。

カオニャオは日本のお米と同様、他の料理と一緒に食べたり、ソースをかけて食べたりします。またカオニャオは白と赤のものがあり、比較的高級なお店で赤が出る事が多い模様です。

またこちらはラオスよりもタイのほうが本場と言えますが、甘いカオニャオにココナッツクリームとマンゴーなどが添えられたカオニャオデザートも存在します。甘党の人はぜひトライしてみて下さい!

 

ラープ

恐らくラオス料理の中でも一番有名な料理で、日本語にするなら<肉サラダ>と言ったところでしょうか。豚・鶏・牛・あひるなどのひき肉か、細かく切った魚と、炒ってまぶされたお米とライム、にんにくとハーブがミックスされた一品。

家族が集まった時や急いでごはんを作りたい時などにささっと簡単に作れる「ヘルシーな時短料理」感覚で現地の人に親しまれています。

レストランで注文した場合、肉は加熱したものが使われることが多いですが、一般家庭だと生で頂く場合もあるようです。

 

カオ・チー・サイ・クワン

ざっくり言うとラオスのファーストフード的ポジションのサンドイッチです。

フランス統治時代に伝播したフランスパンのバゲット、パテ(豚肉をすりつぶしペースト状にしたもの)、それに野菜やチリペーストをのっけた、ラオスとフランスのフュージョン料理で、現地の人が小腹が空いた時に道端の屋台でパッと買って行くサンドイッチです。

入っている具のバリエーションも色々あるので、いちいち全部試したくなるかも?!

 

カオ・ピヤック・セン

日本人受けがいいカオ・ピヤック・センは日本で言うところの「ラーメン」や「うどん」のような立ち位置です。

麺は米でできているので日本の麺類とは一味違ったもちもち感があります。

生もやし、ライム、ハーブ類が標準でついてくるあたりがベトナムのフォーに似た印象です。またトッピングとして揚げ物を載せることもできます(※別料金です)。

麺もお店によって太さやコシの強さ、スープの味も違うので自分好みのお店を探してみても楽しいかもしれません。

特に日本の人に好まれそうな味のラオスごはんを紹介しましたが、ラオスにはまだまだたくさんのおいしいラオスごはんがあります。是非色々試してみて下さい!

 

ヴィエンチャンの女の子と一緒にイキたいオシャレなカフェまとめ

ルアンパバーンでの性戦に疲れたら立ち寄りたい穴場レストラン