日本からラオスまでの最安ルートと最速航空券

ラオスにいち早く行くためには?

ラオスに行くのに最も時間がかからない方法は飛行機です。

ただし…現在ラオスまでの直行便は日本から出ていないために、経由便の選択肢しかなく、どうしても10時間くらいはかかってしまいます。

経由地はソウル、ハノイ、バンコクになる事が多いです。

気になる航空券は日本のどこから飛ぶのかや、時期にもよりますが4万円代後半から、8万円以内くらいと考えると妥当でしょう。

 

ラオスにより安く行くためには?

早くつかなくていいから、できるだけ安く行きたい、という人にお勧めなのが、周辺国まで飛んでから陸路でラオス入りする方法です。この方法だとラオス以外にも通り道も寄り道ができるのでまとまった時間がとれる人やバックパッカーとして旅をしている人にもおすすめです。

ラオスまで行くルートで最も人気があるのがタイを経由する行き方です。

タイまで就航している航空会社はたくさんありますが、特に安いのはチャイナ・エアラインで安い時期を狙えば2万円ほどで(燃油サーチャージ、諸税別)から航空券がゲットできます。

飛行機だとエアアジアが最安

そこからのルートは何通りかありますが、飛行機だとエアアジアが一番おトクです。

レートにもよりますが、大体4~8000円くらいで航空券を買えますからね(正規購入の場合)。

タイの首都、バンコクには旅行代理店が溢れるほどあります。そこで一軒一軒、値段を交渉すればそれよりも安い値段で航空券を購入できる事もよくあるので、時間が許せば代理店巡りをすると良いでしょう。お店に航空券の販売価格のポスターが貼ってある事もあるのでそういった代理店のポップを見ながらどの代理店がいいかチェックしてもいいでしょう。

また、たまに日本人経営の代理店もあるので日本語で取引したい人は、そういったところに行ってもいいのではないでしょうか。

時間があるからもっとエキサイティングな方法がいい、とか移動に何千円もかけるのは嫌だという節約派の人にお勧めなのが陸路での移動です。

「陸路で国境を越える」というのは島国育ちの日本人にとってとてもエキゾティックな響きで、一度は体験したいという人も多いのでは?

一人で行くのは勇気がいるなあ…という人もいるかもしれませんが、日本人観光客を始め、世界中の旅行者がこのルートで旅をしているので、不安であればノリで話しかけて一緒に旅行してみてもいいかもしれません。特にバンコクのカオサンロードにはバックパッカーホステル、つまり安宿が多く、一人旅をしている人も多いので友達作りに最適です。

日本人宿として知られる安宿も何件かあるので興味があれば検索してみて下さい。

話をラオスへの行き方に戻します。

 

電車でバンコク-ノンカイからラオスへ行く方法

https://i0.wp.com/investvine.com/wp-content/uploads/laos-train.jpg?fit=500%2C375

まずバンコクからノンカイまで行きます。出発駅はファランポーン駅になります。

電車の予約はSRT系の主要駅であればどこでもできますが、混み合うことも多いので前もって予約をした方が堅いかもしれません。

運賃は700バーツ程度です。

rains from Bangkok to Nong Khai (2016)

Train Number Departs Arrives Type
75 08.20 17.45 Express DRC
77 18.35 04.15 Express DRC
69 20.00 06.45 Express
133 20.45 08.35 Rapid

そこから先、ラオスに入る電車は一日二便のみの運行になっています。

(*913番 朝9時発 917番14時45分発 乗車時間は15分。)

なのでなるべく電車でラオスに行きたい人は夜行列車の69番に乗ると乗り換えがスムーズです。Thanaleng駅(もしくは別名Dongphosy駅)に到着したら、そこから乗り合いバスで50バーツでラオスの首都ビエンチャンに行けます。

とは言っても国境までは歩いて15~20分以内なので歩いたほうがいいかもしれません。

国境で出国手続きをしてラオス国境に行くバスが出ていますが有料です。

またラオス入国に際して日本人は査証が免除されているためビザ代はかからないのですが入国手数料がかかります。平日朝8時以降の日中は5バーツ・それ以外の時間帯や週末は50バーツかかるので一応ちょっとだけタイバーツを残しておいた方が無難です。

国境を越えたらそこから乗り合いバスやトゥクトゥクに乗ります(所要時間30分程)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3b/Tuk-tuk_in_Vientiane_02.jpg

トゥクトゥクって何?という人のために写真を載せておきます。

トゥクトゥクは言わば簡易版タクシー的な存在で、気軽に乗れる交通手段として親しまれています。

メーターとかはないので運転手さんに値段を交渉してから乗ってください。

(交渉しないと観光客は現地の人からするとお金持ちなのでボラれます。たいした額ではないですが悔しい思いをするはめに。)

 

バスでノンカイからラオスへ行く方法

また別パターンでノンカイからラオスへの国際バスも出ています。

https://thedavidlozadaway.files.wordpress.com/2014/05/vientiane-travel-1-20140426.jpg

「そんな何回も乗り換えすんの嫌だ!!」という人には、バンコク―ビエンチャン直行のバスがお勧めです。上でお勧めした方法より若干割高感はありますが、これも泊まったホステルで割引でチケットを販売してたりするのでバンコクの宿に泊まった時に宿で国際バスのディスカウント価格の券が売っているかどうか聞いてみると良いかもしれません。

(7~800バーツくらいで直行バスに乗れたという人もいました)。

どの手段で旅をするかは…あなた次第。

一番面白そうなルートで自分なりの旅を楽しんでみて下さい。

裸王っス☆ on Twitter
裸王っス☆
現役大学生で学期休み限定の東南アジア買春バックパッカー。裸王っス。非モテ非リア充で時間だけなら腐るほどあるのをいい事に、ラオス風俗のブログを立ち上げてみました。ヨ。残念ながらロリコンではない!ヨ。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*